Build CAD


短納期製作が要求される建築板金業界において最も重要なキー要素となるのがバラ図、展開工程です。 「Build CAD」は施工図データとの連携や独自の3D機能によりオペレーターのスキルに関わらず正確なバラ図、展開図を短時間で作成することができます。



業界に合わせた断面図入力による立体作成


断面作図

部品の縦断面、横断面、稜線(部品の外周線)の図形をフリーハンドで作図して入力します。

立体図

断面図の情報からワンボタンで立体図形を作成します。立体図では正確な三面図情報が無くても直観的なオペレートで立体編集をおこなう事ができます。



施工図データの取り込みによる立体作成


施工図データ取込

施工図のCADデータから断面図、上面図を取り込んで立体データを作成することができます。

製作例

笠木、幕板、水切りなど取付位置を指示して、立体データを作成することにより、取り合いや干渉部の有無などを確認しながら作業を進めることができます。



複数断面、複数素材の同時入力


断面作図

化粧と下地などの複数の素材から構成される、ステンレスサッシなどの断面も同時に入力することができます。

立体図

立体図上で複数の部品に対して同時に金物などの切欠き作業をおこなう事ができます。



補正データのマスタ化による自動展開


中間展開図

材質板厚別に伸び補正、板厚干渉補正をマスタ化して自動展開を実行します。

実尺展開図

最終的に作成された展開図は、Build CAMにて割付をおこないます。また、他社CAMでの割付には、展開図のDXF出力を兼ね備えております。



長さ違い部品の自動作成機能


連続伸縮複写

連装部品などで、同断面によるL寸法違いのデータをL寸法入力だけで自動で作成することができます。
取付穴データ等もパラメトリック機能により、個数とピッチを入力した近似ピッチ情報より、自動算出いたします。



平面図作成機能


平面図作成機能

作成した立体図から平面図を作成することができます。上面図、正面図・・・などの既定の平面方向以外にも、指定した任意方向からの投影図を張り合わせることができます。

 


レイアウト機能



作業指示書作成機能

お客様ごとに、カスタマイズした作業指示書を御提供させて頂きます。CAD図形(断面図、立体図、平面図、展開図)の他に、部品情報(物件名、納期、材料情報) や加工情報(曲げ情報、プレーナー情報、ワークサイズ情報)などの文字情報を出力することができます。




カタログダウンロード 無料デモ

ページのトップへ戻る